プラセンタ注射&点滴の副作用とは?

年齢とともに衰えた肌を見てガッカリしたり、女性に多い冷え性などに悩んでいる方は多いでしょう。肌荒れしやすくなったり冷え性がひどいのは年齢のせいだと諦めている人が多いですが、そんなことはありません。一部の人に人気となっている美容法、プラセンタ注射はそういった悩みを解決してくれるのです。プラセンタとは胎盤のことです。胎盤は赤ちゃんとお母さんをつなぐ大事なへその緒と繋がっていて、栄養や酸素を送ります。赤ちゃんが成長するのに大事な栄養がぎっしりつまっているのが胎盤なのです。プラセンタの最大の特徴は自然治癒力なので、肌荒れした肌を内側から治癒してくれます。プラセンタ注射は週に1、2回注射します。痛みのない細い針を使用するので注射が怖い人でも安心して施術を受けられます。プラセンタ注射は個人差がありますが、だいたい2、3回で効果が現れます。副作用は報告されたこともないので、安心して受けられます。長期間注射を繰り返しても副作用が出ることはありません。副作用はありませんが、プラセンタ注射やプラセンタ点滴を行った人は献血を行えないというデメリットはあります。すぐに効果を求める人はプラセンタ点滴がおすすめです。プラセンタ点滴は即効性があり、注射は持続性がありますので用途によって使い分けるのが良いでしょう。貼りのあとが肌に残るのが嫌だという人は、サプリでプラセンタを摂取する方法もありますので調べてみると良いでしょう。